illustrated 非定型の博物館 illustrated 非定型の博物館 illustrated 非定型の博物館 illustrated 非定型の博物館 illustrated 非定型の博物館 illustrated 非定型の博物館

フランスのロゴミュージアム 異形の美術館 生物多様性の保護者


自然史コレクションから展示されている多くの生物種まで、動物や植物の生物多様性とその進化を理解することを目的とした、この異色の施設の概要
をご覧ください。

美術館の水槽の一部を撮影

生物多様性の理解

知識の研究と普及、コレクションの保存、科学的・自然的遺産の促進、生物種とその環境の保護、
教育、研究、動物福祉......ブザンソン美術館の使命は、控えめに言っても、数多くの多様なものがあります。その理由は、
の生物多様性、その豊かさと脆さをよりよく理解するために、2つの補完的な極を中心に構成されているからです。

  • その しぜんしゅぞうひんは、類まれな帰化コレクションを含む100万点を超える展示品によって、貴重な証人であり、生物の進化を理解する鍵となっています。また、その科学的・自然的遺産の面白さから「フランス美術館」にも認定されています。
  • その 動物園は、野生生物保護の専門家や科学者と協力して、ザリガニなどの地域種やキツネザルなどの国際種の保護プロジェクトに関与していることで知られています。希少種や絶滅危惧種の繁殖・再生における動物園の技術は、国際的に認められています。


6つのステップで私の訪問

1 ナチュラム

訪問を開始する ナチュラリウム座ナチュラリウムは、国内外の豊かな生物多様性、その進化、環境と種に対する脅威、そしてそれらを保護するための行動を発見するための場所なのです。

2 水族館

で、淡水の知られざる世界に浸ってみませんか? 水族館.ドゥブス川に飛び込み、軟体動物からチョウザメまで、複雑な動植物相をはじめ、豊かな生態系について学ぶことができます。淡水の水環境とその生物多様性、保全の課題を改めて考えてみましょう。

3 昆虫館

でツアーを続けます。 昆虫館昆虫館では、60種類以上の昆虫(アリ、イナゴ、ナナフシ、カマキリ、ハチなど)、クモ類(サソリ、タランチュラなど)、両生類(デンドロバット、マンタなど)があなたを待っています。

4 The Noctarium

という訪問が続きます。 ノクタリウムヨーロッパで唯一、地域の小動物について学ぶことができる「ノクタリウム」。昼と夜のサイクルが逆転しているため、昼間は数十種類の小型哺乳類や両生類の夜行性生活を観察することができるのです。

5 The Zoological Garden

そして、すべての大陸を旅して 動物園IUCN(国際自然保護連合)のレッドリストに掲載され、絶滅の危機に瀕している霊長類、鳥類、哺乳類などの希少種を見ることができるのです。

6 The Little Farm

訪問の最後には リトルファームドワーフヤギ、モルモット、ウサギ、七面鳥、ニワトリなどがいる農場を散策することができます。

グレートハパレムール

Focus on ...

グレートハパレムール

マダガスカルの科学者は、1980年代までこの種が100年以上も姿を消していると考えていた。1986年にラノマファナの森で再発見され、1991年に国立公園となりました。人口の激減をもたらす主な脅威は、森林破壊、焼畑農業、人間活動による水質汚染です。

フランス大ハパレムール保護協会(AFSGH)またはHELPSIMUSは、大ハパレムールを保護することを使命とし、種の科学的モニタリング、生息地の保護、大ハパレムール群に隣接する村の発展のための支援、子供の教育のための資金提供を組み合わせた保護プログラムを実施しています。2009年の設立以来、当館は資金面での支援を行っており、20,000ユーロ以上を寄付しています。

2008年には100頭にも満たなかったオオハパレムールの野生個体数は、ヘルプシマスのおかげで約1000頭になったと推定されています。グレートハパレムールは、世界で最も絶滅の危機に瀕している25の霊長類のひとつです。

動物エリア

ブザンソン城塞博物館に展示されている代表的な生物をご覧ください。

ミュージアムに展示されている代表的な生物を発見する

動物エリア
Odessa, le temps paisible d’une récolte botanique

Focus on ...

Odessa, le temps paisible d’une récolte botanique

Au début du XIXème siècle de nombreux français vivent à Odessa. Le maire et gouverneur de cette ville n’est autre que le Duc de Richelieu (l’arrière-petit-neveu de l’illustre cardinal, ministre du roi Louis XIII). Alexandre 1er a fait appel à lui pour développer le berceau de la « Nouvelle Russie » tsariste. Considéré comme l’un des fondateurs de cette ville, il la façonne de grandes artères, y fait construire un port sur la Mer Noire qui permet une activité commercial de grande ampleur et lui forge un caractère bien à part. A défaut d’aller voir sa statue de bronze érigée face au port de la ville, vous pouvez voir le portait du Duc de Richelieu peint par Thomas Lawrence au Musée des Beaux-Arts et d’Archéologie de Besançon (1er étage – salle 19e siècle).

Le 1er aout 1823, un botaniste français s’est penché sur cette terre d’Odessa, aujourd’hui frappée par les missiles russes, pour récolter cette plante. Il s’agit d’un Limonium scoparium (Pall. ex Willd.) Stankov, une plante à hampe florales enroulées de petites fleurs violet pâle qui habite les steppes eurasiennes. L’auteur de l’herbier s’interroge sur la forte variabilité morphologique de l’espèce, il mentionne en latin sur l’étiquette « var. foliis acutis » ; variété à feuille aiguë.

Il n’est pas exclu que notre botaniste qui résidait en Crimée, en venant herboriser à Odessa, ait pu rencontrer le poète russe Alexandre Pouchkine, puisqu’il était précisément en exile dans cette ville cette même année. Dans ses lettres, Pouchkine écrit qu’Odessa est un endroit où « On peut sentir l’Europe. L’on y parle le français et il y a des journaux et des magazines européens à lire ». A cette époque en effet, de nombreux aristocrates fuient la révolution et s’établissent en Russie, à l’instar de Richelieu, ainsi que de nombreux français plus modestes tentés par l’idée d’y faire fortune. Le français devient peu à peu la langue de la haute société russe, supplantant le latin, langue internationale.

Il y a donc tout juste 199 ans, dans le plus grand soin, cette plante a été récoltée, identifiée, séchée, commentée et placée dans l’herbier de cet immigré français. Parvenue jusqu’à nous après bien des pérégrinations, elle est, avec des centaines de milliers d’autres, conservée avec soin et attention à la Citadelle dans les réserves du Muséum d’Histoire Naturelle de la Ville de Besançon. Ces échantillons de plantes font aujourd’hui partie du patrimoine naturel et culturel mondial. Ils témoignent, en ces temps de nombreux bouleversements, de leur présence à certains lieux, à certaines dates. Et cet échantillon-là en particulier, nous convie à une pensée bienveillante pour la ville convoitée d’Odessa, nommée la perle de la Mer Noire.

Références :

Odessa – une ville mythique du monde méditerranéen de Francis Conte – https://www.persee.fr/doc/casla_1283-3878_2016_num_14_1_1132

Le français en Russie – https://fr.rbth.com/art/culture/2017/05/26/pourquoi-parlait-on-francais-en-russie_770977

Statue du Duc de Richelieu à Odessa – https://discover-ukraine.info/fr/places/southern-ukraine/odesa/783

Tableau de Thomas LAWRENCE, Portrait du duc de Richelieu, huile sur toile, inv. 896.1.159 est exposé au sein du musée des beaux-arts et d’archéologie de Besançon (1er étage – salle 19e siècle).

自然史博物館のコレクション

ブザンソン美術館は、動物学、骨学、古生物学、地質学、植物学など、生命科学と地球科学の数多くの分野を網羅する、展示および保管されているコレクションの規模では、国立美術館のトップ10に入る。

自然史博物館のコレクションを見る

自然史博物館のコレクション